今やオナ電は無料チャットの時代

昔はオナ電をする際の最も大きな問題は、どうやって相手を探すのかという点でした。

けれども最近では相手を探すのもかなり簡単になっています。
そのひとつとして多くの人が出会い系サイトを利用していますが、近ごろは無料のチャットのほうが人気が高くなってきています。

若い女性からの人気

理由として挙げられるのが、若い女性がたくさん利用しているという点です。
10代や20代の女性はセックスに興味がありいろいろと経験したいけれども、実際に出会い系サイトで出会った見知らぬ人とセックスをするのには抵抗を抱いています。
けれどもオナ電なら実際に相手に会う必要なく性欲の発散もできることから、彼女たちは無料のチャットを利用する機会が増えているからです。

そしてそんな女の子たちを求めて男性の利用もまた増加しているということで、無料のチャットが今ではオナ電の相手探しのツールとして大いに支持されているのです。
無料チャットでオナ電の相手を求める方法として多いのが、募集の呼び込み機能を利用することです。

これはサイト内でメッセージを書き込んで相手を探すという方法なのですが、そこに直接的な言葉、たとえば「オナ電の相手募集中」などと書き込むのは多くのサイトで禁止されています。

したがって「携帯で気持ちよくなりましょう」「電話で楽しみませんか」といったメッセージで書き込めば、オナ電の相手を探している人なら「ピン」とくるというわけです。

近年では携帯電話も話し放題といったプランも多いので、昔のオナ電のデメリットであった通話料に関しての問題は解消されました。
インターネットを利用して相手を探したり携帯電話でオナ電を行なったりと、オナ電は誰でも簡単にできるようになったものです。

オナ電はどんな人に向いているのか?

昔に比べるとオナ電はやりやすくなっています。
以前はプレイする相手を探すにもなかなか見つかりませんでしたが、今ではインターネット上の出会い系サイトを利用すればいいですし、オナ電専用のサイトを利用すればさらに探しやすくなっています。

またテレビ電話やスカイプといった機器を使えば、視覚から興奮を得ることもできます。
こうしてオナ電が進化していったこともあり、多くの人が楽しむセックスプレイのひとつとなっています。

慣れが必要な世界

確かに今や簡単に体験できるようになったオナ電ですが、いざプレイしてみると誰でもうまくいくとは限らないのが実情です。
というのもいくらテレビ電話やスカイプなどの映像が使用できるといっても、ただ黙ったままで黙々とプレイするだけでは盛り上がらないからです。
ましてや電話の通話機能だけであれば、言葉や音といったものを駆使しなければオナ電は成り立ちません。

オナ電に慣れていない人や初心者が戸惑う点に、何を話せばいいのかわからないということがあります。
日ごろからよくしゃべる人やリアルなセックスの際にいろいろとエッチな言葉を相手に投げかけるような人でも、顔の見えない見ず知らずの相手にエッチなことをいうのはなかなか難しいことに違いありません。

そんなことから、やはりオナ電には慣れが必要だと考えられます。
また想像の世界で楽しむものですから、妄想や空想の好きな人のほうが向いているともいえるでしょう。

しかしながらやってみないと実際に自分が向いているかどうかはわからないので、興味のある人はまずトライしてみることをおすすめします。

オナ電では言葉選びが重要

オナ電では相手の姿かたちが見えない分、言葉が非常に重要な役割を果たします。
また、言葉もどんな単語を使うか、どんな口調で話すか、抑揚や言い回しによっても相手に与える印象は大きく異なることも少なくありません。
たとえば、アソコが勃起した状態を女性に伝えるとしましょう。

もちろんそのまま「アソコが勃起してきた」といっても間違いではありませんが、それではただ状態を口にしただけです。
それを聞いた相手が興奮したり感じたりしなければならないのですから、「キミの中に挿入したくてもうぼくのアソコはビンビンに準備ができているよ」「大きくなったあそこがもうはちきれそうだ」などと表現したほうが相手に伝わるインパクトは大きいはずです。
事実をそのまま伝えたのでは興奮しません。

少しくぐもった声が効果的

はっきりとした口調よりもささやくような小声であったりくぐもった不明瞭な声のほうが効果的です。
かといって、なんでもかんでもエッチな言葉を卑猥な雰囲気でいえばいいというものでもなく、状況に応じて喘ぎ声だけや「アッ」「ウッ」といった声だけでもいいでしょう。
エロ小説の中には、同じようなシチュエーションなのに妙に興奮する作品もあればさほどエッチとは感じない作品もあります。

これらの差は、やはりその行為をどのように表現するか、どんな言葉遣いをしているかに寄るのです。

オナ電では言葉が重要というと普段から無口な人は不利であるように思われますが、努力次第で十分対応できるので諦めないでください。